NPO法人「かもママ」 河原 廣子理事長

【お悩み】言葉の発達が遅いような気がして心配です

2歳6カ月の長男、言葉の発達が同じ歳の子たちと比べて遅い気がしています。家では、かなり舌足らずですが話してくれます。でも私にしか分からない言葉が多いです。園でもほとんど話さないようで、これからが心配です。

子育て相談 はぴマサポーター

「ゆっくりと話しかけて言葉を引きだしてあげましょう。」

お子さんは頭の中にたくさんの情報を詰め込んでいる時期なのかもしれませんね。ママがお子さんの言葉を引き出すように目を見ながらゆっくりと話しかけてあげてみるのもいいかもしれません。お子さんが話そうとしたら、笑顔で大きくうなずきながらじっくりと聞いてあげてください。3歳児健診もありますし、舌のことは歯科健診の担当医や、言葉の事などは小児科医にも相談できる機会になりますね。お子さんは日々成長していますし、子どもはここにいてくれるだけでいい、大切な宝物ですね。

河原 廣子

先生プロフィール

NPO法人「かもママ」 河原 廣子先生

2002年から子育て支援活動を始め、幅広い世代が集う居場所「地域共生の家 母屋わらわら~っと」の運営もしている。

今は情報を集めている時期
あまり焦らないで

▼はぴマサポーターから▼

子育て相談 はぴマサポーター

親子でサインを作ってみる(ようmama)
ママと子どもで何か共有できるサインを作り、コミュニケーションを図って、子供を認めてあげることが大事だと思います!

ある日突然話すように(あっさんmama)
今は言葉を聞いて自分の中で意味を理解しようとしているのでは?ある日突然、大人もびっくりの会話をしてきますよ。

ママが率先して人と話してみる(レリママ)
ママ自身が外出を多くして色んな人と会い、その様子を子供に見てもらう。観察から得ることは多いと思います!

子どもの言葉をリピートしてみる(なるちゃんママ)
子どもが話した言葉をママやパパが言い直して、リピートさせることを習慣にするのはどうでしょうか?うちは毎日実践中です。

色々な食感で舌を使う練習(こたつむり)
舌足らずの場合は固いや柔らかいなど色々な食感の食べ物を食べれば舌の使い方の練習になり、発達に役立つかも!