心理カウンセラー 米川 祥子先生

【お悩み】もう年長なのにいつも落ち着きがなく困っています

5歳の子の母です。ご飯を食べる時に座って最後まで食べてくれません。買い物でも勝手にどこかへ行ってしまったり、トイレもなかなか出てこなかったり、怒ると急に大声を出して叩いてきたりと困ってます。発達障害なんでしょうか?

子育て相談 はぴマサポーター

いろんな方向からとらえると見え方、関わり方が違ってきます

同じ5歳児でも、1人でお留守番できたりする子もいれば、「1人はいやだ~!」とママにしがみついている子もいます。また、上の子は心配しがちでも、下の子には余裕ができて多少のことは気にならないなど、親の心理的状態で見方も変わってきます。お子さんに目いっぱい対応しているのに、どうも噛み合わないと感じるなら、理解するために様々な方向からの見方を増やしてみては?
地域の保健センターや子育て支援センターなどに相談して、一緒に関わり方を考えていくのがおすすめですよ。

米川 祥子

先生プロフィール

心理カウンセラー 米川 祥子先生

心理カウンセラーとして、各種セミナーなどで子育て相談に応じる。金城大学短期大学部幼児教育学科准教授。

ママだけが抱え込まず
専門家のサポートを

▼はぴマサポーターから▼

子育て相談 はぴマサポーター

思わぬ理由を発見することも(こたつむり)
いろいろ試して改善しない時、子どもに直接聞いてみます。意外な答えにハッと気づくことも。

食べる途中で気が散るのかな?(おたま)
好奇心旺盛で視覚優位なのかも。しっかり観察して地道に声かけ。できたら大げさに褒めてみては。

大好きな人形が「見に来たよ」(Saraママ)
「ご飯が終わるまで座れるようになったって?」とお気に入りの人形を食卓に置いてました。

自分の気持ちにまず問いかけます(3人のママゆみちゃん)
なぜ「困る」と思うのか?まず自分の心に聞いてから伝わるように話しかけています。

注意力散漫には鉄分が必要かも(カピバラ)
落ち着きがない時期、小児科で鉄分を摂るよう勧められました。効果があった気がします。