子育ての悩み”さとぱんまん”にまかせなさい!(vol.9)

2016年8月25日

Pocket

1歳の女の子ママからの相談

両親(祖父母)は遊びに来るときに必ず息子におやつを持って来ます。
そして息子が食べたいだけ食べさせてしまうので、息子はおなかがいっぱいになり晩ご飯を食べません。
何度言っても止めてもらえないので、遊びに来ないでほしいと思うようになってしまいました。
どうしたらいいでしょう?

ぐずり対策のおやつなら
代替案を提案してみよう

 なるほど!そうなんですよね~たいへんだ☆理由は子どもが泣いたり、ぐずるのが嫌だから…?おやつは簡単で楽ですよね♪…絶対止めない!!(笑)
 ぐずられないための手段のひとつとしておやつを使っているのなら、手段を増やしてあげればいいのかも!名づけて「ぐずったらこうしてねミッション♪」

【ミッションA】
 晩御飯を一緒に作る。毎回はきついけど一度見てもらえると次はしてくれるかも!?主食も副食もとれるホットケーキ作りを一緒にする。火を使うのが難しいなら、冷凍や市販のスポンジケーキなどで代用してもいいかも。果物や卵、ベーコンで飾り付けて楽しむ!
 そして、ちょっと早めの夕食。
祖父母にとっては孫の喜ぶ顔が見られる禁断の世界、癖になるかも♡
【ミッションB】
 「泣きそうなときはこんな感じでごまかしてるの~」というアイデアの数々を一緒に経験する、もしくは考えてもらう。
 息子さんの好きなことやマイブームを「最近工事現場を見るのが好きなんだよね~」などと大きな声で伝え、「ミキサー車探検ツアー!!」という名の散歩に連れ出してもらう。途中、魔法の飲み物を飲んでパワーチャージするなどお話の世界を子どもとご両親の前で楽しそうに話し、ミッションを与えます!かっくいい~!!
【ミッションC】
 AやBは難しいよ~という方には、持ってきたお菓子はママが受け取り、その代わりにこれならOKと思うおやつを差し出す。「せめてこれにして!」と。

子どもに食事の大切さが
わかるように伝えて

 どうしても無理なら、たまにだから仕方がないとあきらめる。ただし、祖父母はしてもママはしないという一貫性は持たないとダメ。でないとぐずれば通ると思っちゃう。
 どの案も必ずしてほしいのは「なぜお菓子で晩ご飯が食べれなくなったらダメなのか」を子どもにわかりやすく説明すること。
 例えば、ご飯は体の中にいるヒーローの食べ物で、ご飯を食べずにお菓子だけだとヒーローがばい菌に負けちゃう。すると風邪をひきやすい体になっちゃうんだよ!と。
 もちろんご両親が見ている前ですればさらに効果があるかも。ママが子どもに真剣に伝えている姿にご両親、心動きませんかね?
 ミッションクリアできるかな?

今回の回答者

20141225_1

津幡町社会福祉協議会
子育てたまり場親子サロン親子支援センター長

村中 智恵さん

3男1女の母。元看護師。子育て中に多くのママから「家庭崩壊」も起こりうる悲痛な叫びを聞き、地域協働での母親支援に取り組むことに。石川県における子育て支援、母親支援の第一人者。