なぜ冬になると、ロタウイルスやノロウイルスなどの感染性胃腸炎が流行るのですか?

2014年2月28日

Pocket

上棚先生の回答
感染性胃腸炎の原因ウイルスは冬場の低温、低湿度を好んで繁殖します。
予防には手洗いの徹底と保湿が効果的です

低温、低湿度を好む
胃腸炎のウイルス

原因となるロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルスは、低温、低湿度の環境で繁殖するため、冬場に感染性胃腸炎が流行するのです。なかでも、ロタウイルスは脳炎や髄膜炎といった合併症を起こすことがあるので、特に注意が必要です。こうした合併症や重症化を防ぐために、できれば生後6カ月までに予防接種を済ませましょう。
ウイルスは感染者の吐いたものと便から感染するので、吐いたものを処理するときはビニール手袋を使い、その場所を消毒しましょう。ロタウイルス、アデノウイルスはアルコール、ノロウイルスは哺乳瓶消毒液の次亜塩素酸ソーダで殺菌できます。

感染予防には手洗い
体内もしっかり保湿

感染性胃腸炎にかかったら、こまめに水分を摂って、脱水状態にならないよう注意しましょう。次のような場合は、すぐに病院を受診してください。

  • 目がくぼんだように見える
  • 唇がひどく乾燥している
  • おなかをつまんでもなかなかしわが戻らない
  • おしっこの量が少ない。

予防するには、とにかく手洗いをしっかりすることです。つめ、指の間、手首まで十分に洗いましょう。
また、マスクや水分補給などで体内の湿度を保つように心がければ、感染性胃腸炎だけでなく、インフルエンザなどの風邪予防にもつながります。

上棚 直人 先生

上棚 直人 先生

うわだな小児科医院 院長

金沢医科大学卒業。輪島市立輪島病院、公立加賀中央病院などを経て1995年より現職。石川県医師会理事。