子どもが薬を飲みたがりません。食べ物に混ぜて飲ませても大丈夫ですか。

2018年10月23日

武田 万里子先生の回答
食べ物に混ぜても大丈夫。子どもの好きな食べ物に混ぜて飲めたときにはほめましょう。

子どもが嫌がるのは舌で苦みを感じるから

 風邪で辛そうな子どもが薬を飲んでくれないとき、少しでも薬で楽にさせてあげたい親の気持ちがなかなか伝わらず、もどかしくなります。
 薬は苦いものが多く、舌で苦み成分を感じるため子どもは嫌がります。そうならないような工夫として薬を食べ物に混ぜても大丈夫です。効果はほぼ変わらないとされています。
 食べ物に混ぜるときは、好きな食べ物をスプーン1〜2杯ほどの少量に軽く混ぜて飲ませます。味や香りが強いものの方がよく、例えば、ヨーグルトやプリン、乳酸菌飲料など、子どもの好みに合わせましょう。ただし、主食(ミルクやごはん)に混ぜると、主食が嫌いになることがあるのでなるべく避けましょう。

混ぜる時間や量に注意 楽しい雰囲気で飲ませよう

 薬によっては、混ぜてから時間が経つと苦みが出てくるものがあります。混ぜるのは1回分、タイミングも子どもに与える直前で。子どもが残さないよう、飲み切れる程度の少量に混ぜましょう。口に残った場合は、なくなるまで好きなものを飲ませましょう。空腹時に飲んでも副作用や効果に影響のある薬は少ないので、授乳前・食前に飲ませても構いません。
 親が処方された薬を理解し、子どもに飲む理由を伝えることも必要です。飲めないことを叱ると子どもにとって嫌な思い出になり、薬を飲むことが嫌いになりやすくなります。その時間を楽しい雰囲気にして、飲めたときにはほめてあげましょう。

医療法人社団 北斗松田小児科医院 武田先生

武田 万里子 先生

医療法人社団 北斗松田小児医院

金沢医科大学卒業。湘南鎌倉総合病院にて初期研修後、金沢医科大学病院小児科、恵寿総合病院、スマイルこどもクリニック松本院を経て2009年より現職。二児の母。