子ども(5歳の男の子)のおしっこの回数が1日3回ですが、体に悪影響はありますか?

2018年12月25日

太田先生の回答
「排尿回数が急に増えたり、排尿時に痛みを訴えたり発熱がある場合は病院で尿検査を受けましょう。」

排尿回数は膀胱の大きさや 水分摂取の程度も関係

 子どもの排尿回数は、1〜2歳で2時間おきで8〜12回、3〜4歳で3時間おきに5〜9回、4歳以降は3〜6時間おきに4〜8回程度といわれています。しかし、これはあくまでも「目安」としてとらえておいてください。膀胱の大きさや、水分摂取の程度で排尿回数も前後します。ご相談のお子さんの場合、日頃から水分摂取が少なめということもあり、排尿回数3回は、決して異常ではないでしょう。もしかしたら膀胱の大きさも少し大きめで、けっこう尿を貯められるタイプの膀胱なのかも知れません。心配されなくても大丈夫です。
 尿を貯めてなかなかトイレに行かない子は、膀胱炎などの尿路感染症を生じやすくなるかも知れません。
 日頃から排尿回数が少ない子が、急に排尿回数が増えたり、オシッコする時に痛みを訴えたり、さらに発熱を認めたりしたら、必ず病院で尿検査を受けてください。

あまり強制的には言わず 脱水に注意して水分摂取を

 なお、トイレに行く回数が少ないのをご両親が気にしすぎて、「トイレに行きなさい」とあまりしつこく言うと、逆に心因性頻尿になる事があります。気をつけてください。
 脱水にならないためにも、日頃から水分摂取の取り方に気をつけてください。食事、間食の時以外にも適宜水分摂取に心掛けましょう。なお排尿回数に関しては、お子さんの生活パターンに合わせて時間を決めてトイレに誘導するのも一つの方法です。先ほどの心因性頻尿のこともあるので、あまり強制的に誘導しないように注意しましょう。

太田 和秀 先生

金沢医療センター

同センターの小児科部長、教育研修部長(周産期母子医療センター長、感染管理室長)。専門分野は小児科一般、小児腎臓病、小児膠原病、小児感染症。