年長さん女の子。乳歯と永久歯が二重に生えている状態です。放っておいていいでしょうか?

2017年12月25日

Pocket

中山先生の回答
二重歯列は歯科で適切な処置をすれば大丈夫です。その原因の背景にある、普段の生活習慣をお子さまの健全な成長のために見直しましょう。

口筋、呼吸、姿勢など、普段の生活習慣に注意

永久歯が生え始め、乳歯が抜けないで並存している現象を二重歯列といいます。基本的には抜歯をして、永久歯のスペースを確保するなど適切な処置をすれば、問題ありません。子どもの二重歯列の原因としては、あごの力、咀嚼する筋力、そういった口周りの筋力が未発達なために起こります。また通常の呼吸が鼻呼吸ではなく口呼吸になっていることで、舌が正しい位置におさまっていないなどの問題もあります。乳歯はいわゆる「すきっ歯」のような歯並びが正常ですが、近年、きれいに整った歯並び(永久歯の歯並びはほぼ間違いなく悪くなります)の子が増えています。
つまり、子どものうちから、食べ方や呼吸法、姿勢など普段の生活習慣を変えていくことが大切になります。

あいうべ体操や口テープ、筋機能訓練なども

簡単にできるものでは、風邪予防などとしても普及している「あいうべ体操」があります。大きく口を開けたり舌を出したりする体操です。口を閉じたとき、本来、口の天井部分、口蓋(こうがい)に付くべき舌先が、口呼吸する人は下の前歯の裏側辺りにあります。あいうべ体操で口の周りの口輪筋と舌の筋肉が鍛えられ、舌先の位置が自然と上がり、鼻呼吸になります。また寝る時に口にテープを張るのも効果的です。筋肉のバランスを整える口腔筋機能療法(MFT)専用のマウスピースもあります。治療はその子その子の状況に応じてですが、心配な方は一度、ご相談ください。

中山歯科医院 中山先生

中山 大蔵 先生

中山歯科医院

東京医科歯科大学卒業。中山歯科医院院長。千葉県柏市や東京四ッ谷でも、歯内療法や審美治療等の専門治療を定期的に臨床にあたる。米国歯内療法学会会員、日本歯科顕微鏡学会会員、日本臨床歯科医学会北陸支部長など所属学会多数。