どんな方法で出産したらよいでしょうか。分娩方法について教えてください

2011年6月24日

Pocket

友影先生の回答
病院でトレーニング方法を受講するなどして自己意識を高め、自分に合った分娩方法を見つけて満足のいく出産をしましょう

産む力を尊重した麻酔なしの自然分娩

わが国の分娩場所の推移

近年、分娩場所は自宅から施設へと移行しています。これに伴い、周産期死亡率も激減しているのです。

分娩には、一人一人の希望に合った方法やプランがあります。自然分娩は、妊婦さん自身の産む力を尊重したお産です。 医療はそれを温かく見守り、異常の場合には最大限に介助する考えで行われています。『ラマーズ法』 は、「ヒッヒッフー」 の呼吸法で広く知られています。体の緊張をほぐす弛緩法とその補助手段としての呼吸法で、陣痛を和らげようとするものです。陣痛の際、あえて呼吸法に神経を集中することで痛みから気をそらします。『ソフロロジー法』は心と身体を積極的にリラックスし、陣痛、出産を前向きに受け入れようというものです。ラマーズ法では陣痛を呼吸法でそらすのに対し、ソフロロジー法では、陣痛は母親になるために必要な喜びのエネルギーとして積極的にとらえられます。

痛みを和らげストレス減進化する硬膜外麻酔

『無痛 (和痛) 分娩』 は、硬膜外麻酔により分娩時の痛みだけを和らげ、呼吸器、循環器、精神面へのストレスを軽減します。多くの自然分娩の場合、母体は長時間の陣痛に耐えることで体力の限界に達し、出産の喜びを十分に味わうことができないことが多いものです。硬膜外麻酔によって痛みが和らぐので、ストレスも出産時の体力消耗も少なくてすみます。使用する局所麻酔薬は改良が進んでいるので赤ちゃんに影響はありません。麻酔分娩後の授乳についても問題ありません。母児ともに異常事態が起こらない限り、妊婦さんのバースプランに沿えるようにしていきたいと思っています。