5歳の子どもが瞬きせずにテレビを見ます。目に悪影響がないか心配です。

2012年2月24日

Pocket

瀬川先生の回答
瞬きが少なくて目が乾いても角膜がひどく傷つくことはありません。
瞬きよりテレビまでの距離に注意して。

乾燥すると角膜にキズ
通常なら一晩で治る

自分の興味のあるテレビ番組を凝視している子どもの様子をみて、「あれっ、瞬きをしないで見てるけど、目は大丈夫かしら」 と思われたのでしょうね。

瞬きをする第一の目的は目の表面 (角膜) を乾燥させないことです。定期的に角膜が濡れることで、目は透明性を維持しています。つまり、瞬きをずっとしていないと角膜が乾燥し、キズができ、多くなると、ころつき、かすみなどの症状が出ます。またそのキズに細菌やウイルスが感染すると角膜炎になり、最悪、回復不可能な視力障害を残すケースもあります。その他、異物が入る、手や布でこする、ドライアイ (幼児には少ない)、目薬のさしすぎなどでも角膜にキズができます。ただし、瞬きをしないということだけが原因なら、キズは少ししかできず、一晩で治るはずです。

瞬きしないことより、テレビまでの距離が心配

20120225_4.jpg

テレビを見るときは距離に注意しよう。

瞬きをしないことも心配ですが、テレビまでの距離が問題になることが多いようです。小さなテレビを近づいて見ると、大きなテレビを十分な距離を置いて見るよりも、近視が進みやすいと言われています。携帯型ゲームは、もっと近くで見ますからよりいっそう心配ですね。

あまりテレビに近づくようなら、弱視 (強い乱視や遠視などで、メガネや訓練が必要) の可能性もあります。3歳児健診では、あまり正確に検査ができず見逃されることもあるようで、心配ならばある程度詳しい検査が可能になる4歳ぐらいの時に、大きな異常がないか眼科受診しましょう。