おしっこは座ってさせるべき?

2018年6月28日

Pocket

  6歳の男の子。立っておしっこをする時にトイレを汚してしまうことがよくあります。私は、イライラしてしまうこともありますが、子どもだから仕方ないし「汚れたら自分で拭いてね」と言っているのですが、同居している姑は、子どもに「おしっこも座ってして!!」と起こっています。トイレくらい好きにさせてあげればいいのにと思うのですが、座ってさせるようにするべきでしょうか?

6歳の子の思いを第一に聞いてあげて汚れたら自分で拭く指導も

増加傾向にある「座り排尿」、「立ち排尿」を覚える必要も

 お母さんの悩みが十分に理解できます。しかしご質問のママのご家庭の事情もありますので、どのようにお答えをしたらよろしいか…と、わたし自身も悩みました。
 今、日本では「座り排尿」は若い男性に年々増加傾向にあり、幼児も「座り排尿」が増えているのが現状だそうです。しかし質問のお母さんと同様に、わたくしも「おしっこ位、好きにやらせてあげて!」と言いたいところですが、現実は様々な問題があります。立ってする排尿は飛び散ってしまうことが多く、トイレの悪臭は飛び散りが原因、後の掃除が大変です。「家の中で掃除が嫌な場所は?」と聞かれたらトイレを挙げる人が一番多いそうです。つまり「座り排尿」をしてもらえれば、掃除の手間が軽減するのも現実です。現代の住宅は、洋式便座がほとんど。そのため、公共機関・学校・幼稚園・保育園の男性用トイレのように小便器がある家庭は少数です。園、小学校に通うようになると、小便器を使う機会が増えます。そのためには、立ち排尿の方法を覚える必要もあります。
 さて、ご質問に関しても「トイレくらい好きにさせてあげればいいのに」と思うのですが、お姑さんがおっしゃるように、座ってさせるようにするべきなのでしょうか?

ルールを守れる年齢になったら子どもの意思を尊重してあげて

 お答えとしまして、お姑さんやママの思いや希望ではなく、お子様の思いを第一に聞いてあげてほしいです。6歳は、ルールや決まりを守ることができる年齢であり、自分の意思をしっかりと伝えられる年齢でもあります。
 まずはお子様の主体性や意思を尊重することが大切と考えます。立ってする排尿を希望した場合、汚れた場所を自分で拭いたり、簡単に清掃する習慣も必要です。お姑さんには「立ってしたい」というお孫さんの意思を尊重し、トイレ使用後の清掃の指導をしていただきたいですね。世のおばあちゃんは、孫はかわいいものです。お孫さんの希望となると、きっと前向きにご理解くださると思います。応援しています!

今回の回答者

20141225_1

酢谷 温子さん

金城大学短期大学部非常勤講師。金沢福祉専門学校特別講師。過去の本誌連載をまとめた「たずこ先生の子育てレター」も好評発売中。